Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
 
ためしてガッテン!!
はやりモノに乗ってみる☆
<< 園子温監督 | main | ヒミズ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
園子温監督 冷たい熱帯魚
評価:
Happinet(SB)(D)
¥ 3,563
(2011-08-02)
コメント:まぁ怖い怖い(笑)ボディを透明にしてしまえば、誰にもわからない。この極悪非道っぷり「でんでん」の演技力すげぇ(笑)かなり背筋が凍るような映画。さすが園子温監督。冷酷なほどに人間の狂気的な一面が活写されている。


 JUGEMテーマ:映画

社本信行(吹越満)は、小さな熱帯魚屋を営んでいた。

死別した前妻の娘と、後妻の妙子の折り合いの悪い二人に挟まれながらも、社本は、波風の立たないよう静かに暮らしていた。

娘の自分勝手な行動や振る舞いにもなにも言えずに過ごしていた。

そんな折、娘がスーパーでの万引きが発覚。

その状況にたまたま居合わせたのがスーパー店長の友人である村田幸雄(でんでん)だった。

この黒い感じのでんでんの演技も最高。

大型熱帯魚店を経営する村田は、社本の娘を自分の店でバイトして更生するように促し、働かせ始める。

金払いが良く、羽振りもいい、そしてなんと人もよさそうに見える村田。

社本夫婦と村田夫婦との交流が始まり、引き返せない極悪非道なビジネスに足を踏み入れていく。

ここから先はネタばれ注意。。。

いやぁ〜かなり深い映画だった(笑)


 

しばらく付き合っていくと社本に高級熱帯魚の取引の悪徳話を持ちかける。

高級熱帯魚とは名ばかりで実際はそんなに価値のない魚の養殖話を一千万で。。。と

そこで吉田という人物が投資をしていたが、疑い始める。

村田夫妻は慣れた様子で栄養ドリンクを吉田に飲ませると吉田は苦しみながら死んでいった。

社本は激しく動揺したが、村田夫妻は淡々と死体の運搬を始め、社本にも手伝いを強要する。

そして山小屋に運び、死体(ボディ)を透明にすると言って死体を細かく解体。

休憩の後、最終的に、骨を焼き、内臓や筋組織を川へ捨てた。


村田夫妻はこんな極悪非道な強行をずっとくりかえしていたのだ。


だが警察も村田の周りで失踪者が続発していることに疑問に思い捜査を始めていた。

社本のもとにも警察が来て以前、村田とつるんでいた男も失踪者になっていることを知る。


その後も数人の解体(ボディを透明にする)作業を手伝いながらも、この負のスパイラルから
抜ける事の出来ない社本は村田に妻を抱いた事を告白され、怒り心頭。

しかし、腕力で勝てるわけもなく逆に村田の妻を目の前で抱くことを強要される。

村田の妻を抱きながら社本は手元にあったペンで村田の妻の頸動脈を刺し、村田もめった刺し。

ひん死になった村田を山小屋まで運び村田の妻にとどめを刺させ、解体。


ここからは社本はすごいスピードで壊れていく。


家に帰り、娘を殴って失神させ、自分の妻を犯す。

そして山小屋に行き村田を解体していた村田の妻を刺殺。


警察を自分で呼んで、妻と娘、警察が到着。

警察には浴室での解体現場を示唆し、警察が浴室へ。

妻が大丈夫的な感じで駆け寄ってきたところを刺殺。

さらに娘ににじり寄り、おまえは一人で生きていけるか?と問いただし、腕を刺して生きるっていうのはなぁ、痛いんだよと言い放ち自分の頸部を切り裂く。

| 【映画】サスペンス | 10:27 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 10:27 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。