Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
 
ためしてガッテン!!
はやりモノに乗ってみる☆
<< お祭りの企画を考える | main | ハーフデイズ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
ミッドナイト・イン・パリ
評価:
角川書店
¥ 2,177
(2012-11-16)
コメント:2011年に行われた第64回カンヌ国際映画祭でオープニング作品として上映され、またたく間に話題になったウディ・アレン監督によるロマンティック・コメディ。現実逃避がちな主人公が、現代からタイムスリップし、ヘミングウェイやピカソ、ダリなどと遭遇する(笑)かなりオモシロイ♪


 JUGEMテーマ:映画 JUGEMテーマ:趣味


ハリウッドの売れっ子脚本家ギルは、婚約者と愛するパリを訪れる。

ギルは、作家への転身を夢見て、処女小説に挑戦中。
パリへの移住を夢見ていた。

第1夜。ワインの試飲会に参加した後、1人でふらふらと真夜中のパリを歩いていたギルは、道に迷って、物思いに耽っていると、旧式の黄色いプジョーがやってくる。

その旧式の黄色いプジョーに乗り込んだギルは、古めかしい社交クラブで開かれているパーティに参加。そこで出会ったのはスコット・フィッツジェラルド夫妻に、ヘミングウェイ、ピアノを弾くコール・ポーター、パーティの主催者はフランスの芸術家ジャン・コクトー(笑)

あぁ「私が愛したヘミングウェイ」のレビューも書かなきゃだけど。。。

ここは置いといて(笑)

翌晩、ギルはヘミングウェイに連れられてガートルード・スタインのサロンを訪問。そこでパブロ・ピカソの愛人アドリアナと出会い、互いに好意を抱く。

芸術家やら音楽家、作家など知っている名前がじゃんじゃん出てくる。

映画が好きな人なら絶対見るべき一本。


| 【映画】コメディ | 08:52 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 08:52 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。