Calendar
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
NEW ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
PROFILE
OTHERS
 
ためしてガッテン!!
はやりモノに乗ってみる☆
<< 土用、丑の日(一の丑) | main | 人生の特等席 クリント・イーストウッド >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
アルゴ
評価:
ワーナー・ホーム・ビデオ
¥ 1,985
(2013-03-13)
コメント:ベン・アフレックが、監督、製作、主演を努めた実話を元にしたサスペンス映画。『ザ・タウン』も結構良かったが、またベン・アフレックがやりましたね。まぁ『ザ・タウン』のレビューは書いてないけど、結構面白い映画だったので、忘れないうちに書いておこう(笑)


1979年のテヘランで起きたアメリカ大使館人質事件そしてCIAによる救出作戦の行方を活写している。


緩急自在な演出でベン・アフレックがCIAエージェントを熱演。

ベン・アフレックの周りをアラン・アーキンやジョン・グッドマン、ブライアン・クランストン、など他にも見た顔がちらほら♪


本編はテヘランにて、イラン革命が激しさを増す中、アメリカ大使館を過激派グループが占拠。60人弱が人質に取られる事件が起きる。そんな中アメリカ人6人が大使館なら逃げ出しカナダ大使の自宅にかくまってもらう。

そこで救出のエキスパートのCIAエージェントのトニー・メンデス(ベン・アフレック)は6人が過激派に発見され殺害されるのは時間の問題と判断!!

そこで大胆にも映画のクルーになりすました、救出作戦を遂行する。


| 【映画】ノンフィクション系 | 13:26 | comments(0) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 13:26 | - | - |









トラックバック機能は終了しました。